相続登記の申請は早い方が良い

相続の登記はいつまでにおこなわなければならないかなどのことはありませんが、なるべく早くおこなったほうが良いでしょう。相続登記を早く行わなかったためにその後の手続きが非常に難解となってしまったケースがあります。

父名義の自宅が有りまして、そんぽ名義を母が相続しました。相続登記は生活に支障がないということで長年相続の登記をしないでいました。
自宅の売却をおこなおうとしたところ自宅の名義が父のものになっていましたので、売却のために相続登記をすることになりました。

早めに相続の話をすることによってスムーズに話が進んでいくことになるはずが、年数が経過して話がすすみ難くなってしまう可能性があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る