審判分割で相続対策しよう

話し合いが纏まらなかったり、相続人が遺産分割協議に加わらなくて話し合いが進まず、親族間で遺産分割について揉めてしまった場合には、どういうことができるのか知っていますか?

遺産分割協議ができないなら、家庭裁判所にて遺産分割の調停か審判の手続きを利用することができるのです。

遺産分割調停では相続人全員の同意が必要なので、相続人同士だけで話し合いができない時には遺産分割調停事件として申し立てるのですが、裁判とは別の手続きになっていますよ。

調停で相続人の意見が一致すれば、内容が調停調書に記載されますが、調停調書は裁判の判決と同じ効力を持つのだそうです。

審判分割は、調停が成立しない場合に裁判所の判断で分割方法を定めるよう申し立てることであり、審判に従って分割するのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る