相続人が未成年の場合、どう対応するべき?

相続人が未成年だった場合に考えられる問題がありますので、相続対策として覚えておくと良いでしょう。

未成年の小さなお子さんが相続人になっている場合には、未成年が自ら遺産分割について話し合うことが困難なケースが多いので、遺産分割がスムーズに進まないことが多いようです。

そのような場合には、未成年の代理人として親が代わりに進めることになりますが、自分の取り分を増やして子どもの取り分を減らすということもできてしまうのだそうです。

家庭裁判所で特別代理人という人を新たに選び、子どもの代わりに遺産分割協議で子どもが不利益にならないよう進めることができるのです。

相続放棄する場合には、親が子どもに代わって相続放棄の手続きを行うことができますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る