相続放棄の借金をしなくて済むのか

被相続人がギャンブルで作ってしまった借金やまた交通事故などによる損害賠償等の借金でも相続する必要が無いのかといった内容のご相談は多く寄せられるそうです。
実際に相続放棄をしますと相続人ではなかったことになりますので、不法行為やギャンブルであった場合にも全ての借金を負う必要が無いことになります。

民法により自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内にしなければなりません。そして相続放棄の申告は被相続人の最後の住所地の家庭裁判所となります。
こちらも期限が限られているしんこくですので、早め対応が必要となります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る