相続放棄の基本を理解しよう

相続財産には預貯金などのプラスの財産の他に、借金などマイナスの財産がある場合もあり、マイナスの財産が多い場合には手元に借金しか残りませんので、相続したくない場合には相続放棄するのがオススメですよ。

相続放棄の基本として、相続放棄をして相続人から脱退するという手続きを検討する必要があるのです。

しかし、この手続きは自分が相続人だと知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所で行う必要があり、3ヶ月の熟慮期間の間に相続するかしないかをよく考えて判断しなければなりませんが、この熟慮期間は延長することが可能なのです。

遺産の相続で気をつけるべきこととして、遺産の名義をすぐに変えてしまうというと相続人として相続放棄ができなくなりますよ。

相続放棄をすると、相続人の順位が繰り上がるということも知っておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る