相続欠格と相続廃除って知ってる?

相続では、相続欠格と相続廃除という用語があり、それぞれに違いがありますので、理解した上で相続を行うと良いでしょう。

相続欠格とは、特定の犯罪行為を行ったことにより相続権を剥奪されるということであり、刑事もののドラマでよくある「順位の高い相続人や被相続人を故意に殺害しよう」とする行為やその行為の隠蔽を行った場合に適用されます。

他にも、遺言書の作成を妨げるなどの妨害行為を行ったり、破棄や隠蔽を行った場合に相続欠格になります。

相続廃除とは、被相続人の意思で相続の権利を剥奪させるということであり、兄弟姉妹には適用されません。

被相続人に対して、侮辱行為や虐待、財産を勝手に破棄するような行為や犯罪行為を行った場合に相続廃除になりますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る