相続登記に必要な遺産分割協議書って何?

遺産相続で相続登記を行うなら、遺産分割協議書が必要と言われていますが、相続登記とは不動産の名義変更という手続きの際に提出する必要しなければなりませんが、遺産分割協議書が必要無いケースもありますよ。

遺産分割協議書が要らないケースというのは、法定相続分の通りに相続を行うということであり、親が所有していた不動産を共有状態で相続を行うなら遺産分割協議書が無くても相続登記を行うことができるのです。

また、相続人が一人だけで、第三者に遺贈するという文言が遺言書に書かれていない場合も遺産分割協議書は必要ありません。

しかし、面倒だからと言って不動産を共有状態で相続するとトラブルが発生する可能性がありますので注意しましょう。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る