相続税を計算してみよう

相続税の計算方法を知らないという方も多いかもしれませんが、簡単な計算方法がありますのでご紹介いたします。

2015年に相続税の計算が改正されたことにより、今まで相続税がかからなかった人が相続税がかかるようになってしまいました。

例えば、3人家族で父が5千万円の財産を持っていて、父が亡くなった場合に母と子どもの2人が相続人になり、基礎控除の計算では3千万円+法定相続人の人数×600万円という計算なので、42百万円以上の財産で相続税がかかるのです。

各相続人の課税価格を法定相続人で分けて計算する場合には、残った8百万円を人数で割って4百万円ずつが母と子どもの課税価格になるのです。

8百万円には税率をかけたりしますが、国税局のホームページに詳しく掲載されているそうですよ。

https://youtu.be/j4dMnAPZu70https

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る