相続税対策は長く続けることが大切?

生前贈与で相続税対策しようと考えている方も多いかもしれませんが、注意するべきポイントがありますのでご紹介いたします。

生前贈与では年間110万円までは相続税がかからないので、生前贈与することにより支払う相続税を少しだけ軽減させることができると言われています。

しかし、相続人への贈与は直近3年間は贈与がなかったとみなして相続税を計算することが決められているそうですから、慌てて贈与しようと考えても課税財産としてみなされて相続税の軽減につながりにくいのだそうです。

何年も継続的に贈与を行うことにより、贈与の効果が得られるそうですし、110万円までなら財産を貰う側に税金がかからないということですから、財産をあげる側は何人にあげても良いのだそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る