借金をしたから相続税が安くなるのではない

借金をすると相続財産が減ると勘違いしてしまう方はおおくいらっしゃるようです。

例として1億円銀行からお金を借りますと手元に1億円ありますが、借金をしましたので、マイナスの財産は1億円になりますので、プラスマイナス0円ですので、相続財産はへりません。

なぜ借金をしてアパートを購入すると相続税が安くなるかと言いますと借金のマイナスの額にたいしてプラスの財産税が少なくなるためとなっています。
相続税の節税効果はありますが、借金による安易のアパート建築は注意しなければなりません。借り入れ中心の資金計画では将来的にキャッシュフロー収支が回らなくなるためです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る