内縁の妻/夫の相続権はどうなる?

法律上の妻/夫と内縁の妻/夫との関係は、同様な保護を受けるケースもあれば、全く別の扱いを受けるケースもあります。
後者の筆頭のケースとして挙げられるのが相続権です。
法律上婚姻関係にある場合は相続権が発生しますが、内縁の妻/夫は、どれだけ長く一緒にいて尽くしてきたとしても法定相続人になることはできません。

ただし、一定の条件のもと、内縁の妻/夫に財産を渡すことが出来る場合もあります。
例えば最もたる例が特別縁故者として認められるケースです。これは被相続人に法定相続人が誰もいない、もしくは全員が相続放棄をした場合かつ、生前に生計をともにしていたり身の回りの世話をしていた者に対して特別に相続権が認められた人が「特別縁故者」として認められます。

また、被相続人が遺言書に内縁の妻にも相続をさせると記載していた場合にも財産を受け取ることができます。
ただし、優先されるのは法定相続人のため、遺留分を侵害するような相続をさせることはできません。
例えば全財産を内縁の妻に相続するという内容の遺言を残したとしたら、他の法定相続人の遺留分が侵害されることになるので、この遺言は認められないことになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る