大切なペットに遺産を相続させられるのか?

ペットを飼っている方で、飼い主の死後にペットへ遺産を相続させたいと考えた事がある方は多いかもしれませんが、法律的にはペットは物扱いになるため、ペットに対して遺産相続はできません。

遺言書にペットへの相続を書いたとしても無効になりますが、ペットに財産を残したいと考えているなら他の方法を検討すると良いでしょう。

負担付き遺贈は、飼い主の死後に飼い主の代わりにペットの世話をしてくれる人や法人に対して、飼育に必要な財産を贈与・遺贈できるという制度であり、遺言書に書いておきましょう。

負担付き死因贈与は、飼い主の死後にペットを飼育する事を条件に財産を譲るという契約であり、他にもペット信託という方法もあります。

ペットへ遺産を残したいのであれば、口頭での約束ではなく事前に書面で契約しておく事が大切ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る