独身の人の財産は誰が相続する?

生涯未婚率が急上昇している昨今、独身の方にとって自分が亡くなった後の財産はどうなるのかは気になる問題だと思います。

まず亡くなった時は独身だが、前の配偶者との間に子供がいたり結婚していない相手との間に子供(婚外子)がいる場合、子供が相続人や孫が相続人となります。婚外子についてはさらに認知している場合にのみ相続権が与えられますが、認知していない場合でも認知自体はいつでも可能なので、相続させたいと思った時に認知したり遺言によって認知をして相続権を与えることもできます。
また、子供はおらずご両親が存命の場合はご両親が相続人となります。ご両親がすでに亡くなっている場合は祖父母が相続人となります。
さらに上記に挙げたどの状況にも当てはまらず、ご自身の兄弟姉妹がいる場合はその兄弟姉妹が相続人となります。兄弟姉妹も亡くなっている場合は甥や姪が相続人となります。

つまり独身で法定相続人がいる場合、子供(亡くなっている場合は孫)、両親(亡くなっている場合は祖父母)、兄弟姉妹(亡くなっている場合は甥姪)という優先順位で法定相続人が決まります。

そして最後に、上記に挙げたような相続人が一人もいない場合には、相続人不存在ということになります。
この場合、まず優先されるのが遺言書です。生前に遺言書を作成し、その中に相続して欲しい人を指定すればその指定された人が相続人となります。
個人でも構いませんし生前にお世話になった団体などへの寄付を指定することも可能です。

遺言書で相続人を指定していない場合、まずは債務者が相続の対象になります。債務者がいない場合、さらに債務者に支払いが完了しても遺産があまる場合には、被相続人と親しい関係にあった特別縁故者に渡ります。例えば内縁の配偶者や自分の世話を良くしてくれた人などがそれにあたります。
そしてこれらの全ての人に分配しても余る場合や債権者、特別縁故者に該当する人物もいない場合、つまり最終的に誰も相続人になり得なかった場合には国庫に帰属することになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る