生前贈与のメリット・デメリット

生前贈与とはその名の通り、財産分与を生きているうちに行うことです。
最近では節税効果が見込めることから、以前よりも生前贈与に注目している人が多くなってきました。
生前贈与は誰でも手軽に行うことが出来ますが、メリットだけでなくデメリットも存在するので、今回はそのメリットとデメリットについてお話したいと思います。

まず、生前贈与のメリットとして一番大きいのが、先程少し触れた「贈与税の節税が見込める」という点です。
例えば贈与税の「暦年贈与」というシステムを活用すれば、年間110万円まで非課税となります。また、「相続時精算課税制度」を選択すれば、累計2,500万円まで非課税となります。

一方でデメリットは、場合によっては本来よりも高い贈与税になってしまったり、贈与税以外の税金が発生してしまう可能性があることです。
特に後者は不動産の場合に発生しやすいです。不動産の贈与には名義変更などの手続きが必要となりますが、これらに手数料や不動産取得税などの費用が別途必要となります。

一時期「生前贈与すれば節税になる!」という触れ込みが流行りましたが、贈与の内容によっては逆に高くついてしまう可能性があるので、きちんと自分の場合はどうなるかを考えてから生前贈与にするか否かを考えましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る