生前贈与を活用する際に注意するべき点とは?

相続税対策として生前贈与を活用する事ができますが、生前贈与には注意するべきポイントがありますよ。

生前贈与は年間110万円までの贈与なら非課税になりますが、毎年同じ金額だと連年贈与扱いになる可能性があり、課税対象になってしまうので贈与する金額には注意が必要です。

相続開始の時には故人が無くなる3年前までに行われた贈与は相続財産扱いになり、贈与が無効になってしまうため、生前贈与は早めに始めるのがオススメです。

生前贈与は贈与する人と受贈される子供もの合意のもと行われていないと課税の対象になったり、贈与無効になる事が考えられますので、受贈者に内緒で贈与しないように気をつけましょう。

贈与したという証拠を残すために贈与契約書を作ったり、生前贈与は手渡しではなく振込にして記録として残しておくとトラブルを避けられるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る