相続の連絡をしたいけど相続人と連絡が取れない時

相続の連絡が必要な相続人がいるが、誰もその人との連絡が取れないということがあります。
そうした時、「連絡が取れないから無視してしまおう」となってしまうのは大変危険です。

そもそも遺産分割協議には相続人全員が揃っていなければなりません。つまり連絡が取れないからといってその人抜きで他の相続人が勝手に決めてはいけないことになっています。
もし連絡が取れない人以外で遺産分割をした場合、遺産分割後に連絡が取れるようになったり「自分に遺産が来ないのがおかしい」と指摘されてしまえば、また初めから遺産分割協議を行う必要が出てくるのです。

では連絡が取れない相続人への対処はどうすればいいのでしょうか。これは最初に自分たちで相続人の現住所を確認する必要があります。
本籍地が分かっていれば、役所に「戸籍附票」を申請することで住所を知ることができます。ただし戸籍附票は他人には発行してもらえないので注意しましょう。
住所が調べられない、住所が分かったけどすでにその場所に住んでいなかったなどの場合、「不在者財産管理人」を選任します。
不在者財産管理人とは、連絡が取れない相続人本人の代わりに財産管理をする人のことを指します。不在者財産管理人には相続に利害関係を持たない人、つまり弁護士や司法書士などの専門家や被相続人の親族が選任できます。

もし相続人と連絡が取れない場合、穏便に済ませるためにも弁護士や司法書士などの専門家に相談するのがおすすめです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る