相続税、どのようにして税務調査は行われるの?

贈与税なんて申告しなくてもバレやしないと思っている方もいるかもしれませんが、税金の調査を行っている税務署は、贈与税をどのようにして調査しているのでしょうか?

贈与税の問題は、主に相続税の調査の時に発覚すると言われていて、生前贈与の申告をしていなかった場合に、贈与した人が亡くなった後に贈与税が発覚するのです。

相続で相続税の申告をする際に税務調査が行われますが、亡くなった人の過去10年分の預金通帳について調査が行われるため、贈与税の未申告が発覚して追徴課税になるという事なのです。

不動産を相続する際には名義変更が必要になりますが、登記の情報も調査されるため申告漏れがあるとすぐ分かってしまうのだそうです。

生命保険についても、受取人によっては贈与税がかかる事があるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る